あさがおの花が咲いたよ

1年生では、生活科の学習であさがおを育てています。5月16日に種をまき、10日程で芽が出ました。子供たちは、毎朝、あさがおの芽の観察とお世話を張り切って行いました。本葉が出てきた頃に、間引きをしました。

例年になく葉っぱが大きく、「ぼくの手より大きいよ」「葉っぱが増えて森みたいになったよ」と話す子供たち。つるが伸びてきたので、支柱を立てました。どんどん伸びて、本当にジャングルのように大きく成長しました。

7月に入り、ついに花が咲きました。鮮やかな色をした花を見て、子供たちは大喜び。あさがおの花を使った色水遊びをして楽しみました。暑い日が続き、朝に水やりをしても昼頃には元気がなくなってしまうあさがおを見て、子供たちは帰りにもたっぷりと水やりをしました。夏休み中は、家庭に持ち帰って世話や観察を続けています。

カテゴリー: 学年, 第1学年 パーマリンク