社会科「古い道具を体験しよう」(3年生)

 社会科では、昔のくらしの様子を知り、今の生活と比べ、くらしの変化や向上について考えるを学習を進めています。そこで、まず昔のくらしを知るために洗濯板を使った洗濯の体験学習を行いました。

 最初は、なかなか泡立たず、うまく洗うことができませんでしたが、グループの友達と試行錯誤することで少しずつ泡立ってきました。

 洗濯をした後に、昔と今の洗濯の違いについて話し合ったところ、「やろうと思ったときにすぐに取りかかれる」「電気代がかからない」「一つ一つ丁寧に洗うことができる」という、よさがある一方で「腕が痛くなる」「一度に何枚も洗うのはつらい」「時間がかかる」というような大変な面が強く印象に残り、「今の時代に生まれてよかったなぁ」という感想が聞かれました。

 大変でしたが、とてもよい経験となりました。

カテゴリー: 第3学年 パーマリンク